ストライクHMB 口コミ 効果 体験談

筋肉がつかない…。その原因と対策は?

筋肉がつかない原因と対策
しっかり筋肉トレーニングをしているのに、なぜか筋肉がつかない…。
そんな経験をされることもあるかと思います。
そこで、筋肉がつかない原因と、その対策についてご紹介させていただきますね。

 

筋肉がつかない原因は?

 

筋肉がつかない原因と対策

そもそも、筋トレを始めたばかりは普通より筋肉がつきやすい

筋肉トレーニングを始めた当初って、どんどん筋肉がついた!という人が多いんですね。
だから、自己流の筋肉トレーニングでも、ある程度の筋肉はつくんです。
だからこそ、そのある程度の筋肉がついたあとに、どうしても頭打ちが見えてきてしまう、というパターンが多いのも事実。
ですから、まずは当初ほど筋肉がつくスピードが早くなくても、焦らないことが重要です。
また、自己流のトレーニングや、サプリメントの摂取を改めることでも、改善されていくでしょう。

 

カロリーが不足している

筋肉トレーニングのためには、食事はとても重要なもの。
栄養がなければ、せっかくトレーニングをしても傷ついた筋肉を育てることができません。
とはいえ、食事だけでは栄養がとりきれないこともありますよね。
そういうときにこそ、しっかりとサプリメントを活用することが重要なんです。

 

筋肉をつけるための対策は?

 

筋肉がつかない原因と対策

筋トレは量より質

確かに、同じ方法でのトレーニングなのであれば、腹筋より50回よりは腹筋100回の方が効果はあるかもしれません。
けれど、実際は数というのはそんなに重要ではないんですね。
なので、たったの10回であっても、効率よく、しっかりと負荷をかけていくことの方が、筋肉トレーニングにおいては重要なんです。
まずは、トレーニングの方法を見直してみましょう。

 

食事を見直すことの重要性

高たんぱくな食事をとることを意識するだけでも、筋肉のつき方に変化が現れるでしょう。
なぜなら、たんぱく質が筋肉を合成してくれるから。
筋肉を作ってくれるものがないのに、トレーニングで筋肉を壊しているだけになってしまうと、意味がないですよね。
なので、しっかりと栄養価の高い食事をとるように気を付けましょう。
それでも、取り切れない栄養は、サプリメントによって補うことができます。
サプリメントは飲むだけで効果を発揮するものではありません。
ですが、一方で足りない栄養をしっかりと補ってくれる、非常に優秀な存在なのです。

 

せっかくトレーニングをするなら正しい方法で!

 

筋肉がつかない原因と対策
自己流のトレーニングや、食事法ではいつか頭打ちが来てしまいます。
なるべく早めの時点で、正しい情報と正しい方法を取り入れ、しっかりと筋肉をつけていきましょう!