ストライクHMB 口コミ 効果 体験談

HMBに副作用ってあるの?HMBの安全性を徹底解説

おすすめの筋肉サプリとしてよく紹介されるHMB。
安全とは聞くけれど、本当に副作用はないのか?
今回、HMBの副作用と安全性についてご紹介いたします。

 

そもそもHMBとは何でできているの?

HMBは必須アミノ酸ロイシンの代謝物

HMBとは、BCAAに含まれる一つでもあるロイシンの代謝物になります。
ロイシンは必須アミノ酸に含まれ、体内で合成できないため必ず食品などから摂取しなくてはならない栄養素の1つです。
その代謝物がHMBなので、つまりHMBは食品代謝物に分類されるんですね。

 

HMBは薬物ではない

筋肉増強のためのサプリ、と聞くと、HMBに対して薬物のようなイメージを持たれるかもしれません。
しかし、先ほどご説明させて頂いた通り、HMBは食品代謝物。
むしろ、筋肉トレーニングに関係なく、食品から摂取することが必要とされているものなんですね。
ですから、そういった意味でHMBはとても安全なサプリメントと言えるのです。

 

HMBには副作用がないの?

摂取量を守る必要性

規定量を守り摂取している分には、副作用がない、と言っても過言ではないといえるでしょう。
しかし、どんな食品にもアレルギーなどの危険性はつきものです。
また、あまりに過剰な量を摂取すれば、身体に負担をかける危険性も出てくるでしょう。
特に、ロイシンは肝臓の機能を高める効果もありますが、過剰に摂取することでむしろ肝臓に負荷をかけてしまう可能性もあります。
他のアミノ酸のバランスを崩してしまうこともありますから、注意が必要ですね。
大切なのは、既定の摂取量を守り、少しでも違和感があればすぐに使用を中止すること。
そして、医師などから適切な診断と指示をもらうことです。

 

HMBをより安全に使用するために

HMBの一日推奨摂取量は3gとされています。
これを超えて摂取する場合は、きちんとした指導のもと増やしていくことが重要でしょう。
また、BCAAなどと併用して使う場合や、必須アミノ酸、特にロイシンの配合されたサプリメントを飲む場合にも注意が必要です。
HMBはロイシンの代謝物。ロイシンから実際にHMBに代謝される量は微量だとされてはいますが、注意しすぎということはありません。
とはいえ、HMBはとても安全なサプリメント。
神経質になりすぎず、しっかりと正しい知識のもとHMBを摂取することを心がけましょう。

 

HMBをより適切に使用して理想の身体へ!

効果を実感できる期待が高く、副作用の危険性がとても少ないHMB。
今回ご紹介したことを注意していただくことで、より安全にHMBを使用することができるでしょう。
どんなものでも、正しい知識と適切な使用方法を守ることはとても大切なこと。
その上で、HMBによる理想的な身体づくりを目指していきましょうね。