ストライクHMB 口コミ 効果 体験談

「HMBとクレアチンの違いとは? 効果や使用法の違いを徹底解説!」

「HMBとクレアチンの違いとは? 効果や使用法の違いを徹底解説!」
HMBとクレアチンは筋トレのサプリメントという点では同じです。

 

そうすると、

 

HMBとクレアチンで、どのような違いがあるのか?
HMBの効果と、クレアチンの効果は違うのか?
HMBとクレアチンで、使い方に違いはあるのか?

 

ということが気になると思います。

 

これらの疑問を一つずつ順番に解説します。

 

 

 

■HMBとクレアチンの違い

「HMBとクレアチンの違いとは? 効果や使用法の違いを徹底解説!」
HMBは、「ロイシン」から体内で作られる成分です。
クレアチンは、「アルギニン」と「グリシン」から体内で作られる成分です。

 

すなわち、元となるアミノ酸の種類が違いが、HMBとクレアチンの化学的な違いです。

 

 

HMBの元となるロイシンは必須アミノ酸です。

 

必須アミノ酸とは体内では十分な量を合成できないアミノ酸のことで、
食品やサプリメントなどで外から必要量を摂取しなければなりません。

 

一方で、クレアチンの元となるアルギニンとグリシンは必須アミノ酸ではありません。

 

このように、HMBとクレアチンには、
必須アミノ酸系か、それ以外のアミノ酸系かという違いもあります。

 

 

 

■HMBとクレアチンの機能的な違い

 

「HMBとクレアチンの違いとは? 効果や使用法の違いを徹底解説!」
HMBもクレアチンも筋トレ用のサプリメントとして有名で、
筋肉を増強する効果は共通しています。

 

しかし、その働きには大きな違いがあります。

 

 

 

○HMBの効果

 

HMBには主に3つの効果があります。

 

1.筋肉量を増強する効果(タンパク質の合成促進)
2.筋肉の減少を抑制する効果(タンパク質の分解抑制)
3.細胞を修復する効果

 

このうち前の2つは、タンパク質の合成や分解に直接関わっています。

 

筋肉はタンパク質でできているので、
HMBには直接的に筋肉量を増やす効果があると言えます。

 

 

 

○クレアチンの効果

「HMBとクレアチンの違いとは? 効果や使用法の違いを徹底解説!」
クレアチンは、筋肉を瞬発的に使う時のエネルギー源となります。
もっと細かく言うと、クレアチンの効果はエネルギーの貯蔵です。

 

筋肉という器官は、瞬時に大量のエネルギーを使うので、
クレアチンによるエネルギーの補給が重要になります。

 

1.筋力の増加(パワーアップ)
2.筋肉の持久力アップ、回復力アップ

 

これらの効果により、筋トレ時の重量や回数を増やせるので、結果として、

 

3.筋肉量の増加

 

という効果も生まれます。

 

つまり、クレアチンだけで筋肉を作るわけではなく、
高強度のトレーニングができるために筋肉が付きやすくなるわけです。

 

 

HMBが直接的に筋肉を作る効果であるのに対して、
クレアチンはトレーニングを通じて間接的に筋肉を作る効果ということです。

 

 

 

■HMBとクレアチンの使用法の違い

○HMBの使用法

「HMBとクレアチンの違いとは? 効果や使用法の違いを徹底解説!」
HMBの効果は、筋肉の合成促進と分解抑制です。
どちらの効果をメインにするかで使い方が変わってきます。

 

推奨摂取量は1日3gです。

 

 

筋肉を付けたい場合は、筋トレ時に最も効果が高くなるので、
トレーニングの前やトレーニングの最中がおすすめです。

 

これはBCAAなどの筋トレサプリと同じです。
血中濃度が最高になるのは、摂取してから約30分後と言われているからです。

 

 

筋肉を落としたくない場合は、
1日3回分に分けて、食間や食後に摂取すると良いでしょう。

 

 

 

○クレアチンの使用法

「HMBとクレアチンの違いとは? 効果や使用法の違いを徹底解説!」
クレアチンの効果はエネルギーの貯蔵です。

 

貯蔵なので、あらかじめ筋肉の中に貯めて置いたものを
トレーニング時に使うという流れになります。

 

BCAAのようにすぐに吸収されるわけではなく、
ゆっくりと筋肉に貯蔵されるプロセスを必要とします。

 

したがって、トレーニングの直前に飲めば良いというものではありません。

 

 

ポイントは、クレアチンと糖質を一緒に摂ることです。
糖質を摂ると分泌されるインスリンの働きで、筋肉への貯蔵が促進されるからです。

 

そこで、飲むタイミングとしては、食後やトレーニング後がおすすめです。

 

筋トレ後に糖分を補給するのは常識ですが、
糖分と一緒にクレアチンを摂取すると、効率良く筋肉にエネルギーが貯蔵されます。

 

 

クレアチンの推奨摂取量は1日3〜5gです。